私立探偵のためのデジタルフォレンジック

私立探偵のためのデジタルフォレンジック

デジタルフォレンジックとは何ですか?

デジタルフォレンジックは、デジタルアーティファクトがコンピュータシステムからフォレンジックのように収集されるときに使用される用語です。つまり、ドキュメント、スプレッドシート、写真、電子メールなどのデジタルアーティファクトは、コンピューター、PDA、またはストレージ機能を備えた他の種類のデジタルデバイスから取得できます。その後、材料は分析され保存されます。この操作は、データが意図的に消去された場合でも頻繁に実行できます。デジタルフォレンジック手順により、フォレンジック検査官はデジタル証拠を明らかにし、情報が作成、インストール、またはダウンロードされた正確な日時と、最後にアクセスされた日時を表示できます。最初のコンピューター犯罪は1970年代に発生しましたが、コンピューターフォレンジックはまだ比較的新しい分野です。現在では、PCユーザーとモバイルデバイスユーザーが増えていますが、デジタルフォレンジックの需要は急速に高まっています。写真を保存し、インターネットや電子メールに接続する機能を備えたラップトップコンピューター、PDA、携帯電話では、刑事訴訟、企業スパイ、告発でとるべき行動を決定するためにデジタルフォレンジックの必要性がますます高まっています。同様に、テロ行為、不満を抱いた従業員の慣行、配偶者をだます行為には、共通点が1つあります。彼らは、コンピュータシステムとモバイルデバイスを頻繁に利用して、非倫理的な行動や犯罪を支援しています。これらの活動が取り残されているという証拠は、デジタルフォレンジックの手順を通じて容易に検出されます。

デジタルフォレンジックまたはコンピューターフォレンジック?

過去において、コンピューターフォレンジック調査では、PCおよびラップトップシステムを主な調査対象としていました。過去数年の間に、コンピューター法医学分野は、一般市民が使用している個人の技術に遅れないようにするために、その範囲、ツール、および調査手法を広げることを余儀なくされてきました。携帯電話、PDA、Blackberry、GPSシステムなどの機器は毎日使用され、SMSテストメッセージ、電子メール、電話ログ、以前のGPS目的地座標からの重要な情報を含むことができます。したがって、コンピューターフォレンジック分野が拡大し、新しい技術デバイスのデジタル分析が組み込まれるにつれて、デジタルフォレンジックという用語が非常に一般的になりつつあります。

熟練したデジタルフォレンジック試験官は何ができますか?

熟練したデジタル法医学検査官は、コンピューターから削除されたファイルを回復できます。ブラウザーの履歴とキャッシュがクリアおよび削除された後でも、特定のコンピューターからどのWebサイトにアクセスしたかを表示できます。デジタルフォレンジック検査官は、yahooインスタントメッセンジャーやmsnメッセンジャーなどのインスタントメッセージングおよびチャットアプリケーションを介して送受信された以前の通信を確認できます。フォレンジックプロセスは、削除または非表示の写真と電子メールメッセージも復元します。さらに、フォレンジック検査官は、携帯電話、PDA、およびBlackberryデバイスから削除されたテキストメッセージと通話ログを分析および再作成するように訓練されています。

民間調査員がデジタルフォレンジックの恩恵を受ける方法

デジタルフォレンジックは、主に重要な情報を特定し、コストと時間を節約することにより、多くの点で民間調査員を支援できます。多くの場合、2〜3時間のデジタルフォレンジック検査技術は、数日間の監視とゴミ箱ダイビングよりも多くの証拠を暴露することができます。携帯電話のテキストメッセージなどのデジタルデバイスから削除されたデータは、多くの場合回復可能です。たとえば、クライアントの配偶者はインスタントメッセージングで会話していましたか?削除されたメールは回復可能ですか?容疑者はどのWebサイトにアクセスしましたか?

以下のいくつかの例では、デジタルフォレンジックが特定のケースやタスクで民間調査員を支援する方法を詳しく説明しています。

姦通事件:

オンラインチャットまたはSMSテキストメッセージは、多くの場合、配偶者による疑惑を回避するために、会議を手配し、密かにコミュニケーションをとるために使用されます。

詐欺事件:

多くの場合、ドキュメントがいつ変更されたかを判断できます。文書がタイプライターによって作成されていない限り、どこかに常に電子コピーが存在するか、少なくとも存在しています。さらに、Microsoft Officeスイートの一部である最も一般的なワードプロセッサである「Microsoft Word」は、各ドキュメントにメタデータを埋め込みます。このメタデータは、作成者の身元やドキュメントが作成されたコンピューターなどの重要な情報を提供します。同じことがMicrosoft Excelスプレッドシートアプリケーションにも当てはまります。

容疑者の追跡:

容疑者を追跡する場合、割り当てを開始する前に、以前の目的地を知ることがいかに有益であるか想像してください。言うことは不可能だ!これは、個人が自動車で旅行してGPS(全地球測位システム)を使用した場合は特にそうではありません。デジタルフォレンジックの最近の進歩のいくつかは、最も一般的なGPSシステムからの情報の取得を可能にします。

嫌がらせのケース:

嫌がらせにはさまざまな種類があります。多くの場合、クライアントが直接嫌がらせを受けているだけでなく、電話やメールで嫌がらせを受けていることもあります。フォレンジック検査官は、携帯電話から受信した通話のログを保存し、厳密に管理の連鎖を維持することで証拠として提示できます。特定の送信元から特定の宛先に送信されるすべての電子メールには、その電子メールに情報が埋め込まれています。この情報は、電子メールヘッダーと呼ばれます。フォレンジック検査官は、電子メールヘッダーを分析し、送信元のIPアドレスの発信元まで追跡できます。

監視:

監視を検討する場合、ほとんどの場合、テーリング、杭打ち、ビデオ監視などの従来の手法を考えます。しかし、現代のコンピューター技術は私立探偵にとっても貴重な資産となり得ます。スパイウェアプログラムやキーストロークロガーなどのデバイスがあり、疑わしいコンピューターで何が、どこで、いつ発生したかに関するリアルタイム情報を提供します。

コンピューターやデジタルデバイスを検索する権利は誰にありますか?

違法検索および押収に対する修正第4条の保護は、法執行機関などの政府機関にのみ適用されます。修正第4条は、非公開検索には適用されません。プライベート検索は、雇用主や配偶者など、コンピューターに保存されているデータに対する法的権利を持っている人なら誰でも実施または承認できます。コンピューターは一般的な財産であるため、配偶者はコンピューターのプライベート検索に同意することができます

結論:

プライベート調査のダイナミックな世界では、新しいテクノロジーに適応し、クライアントに最高度の競争力のあるサービスを提供できることが重要です。最も重要なことは、すべての調査ニーズに対応して、クライアントをドメイン内に維持することが不可欠です。したがって、デジタルフォレンジックの分野で個人調査員をトレーニングするか、デジタルフォレンジックの専門家と提携することは、ビジネスの安定性と寿命を確保するだけでなく、将来の技術的な緊急性の要件を満たす準備を確実にするために必要なステップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です